四季の茶 茶の湯と器(うつわ)茶器

顎 萼 gaku So-U作 2013年

 水指    茶碗    茶入

 香合・香爐    茶杓

 花入れ    菓子器、鉢


花入(はないれ)

奥山花入れ/佐藤宗雄作奥山 okuyama So-U作 2009年
小布施 穴窯

茶花の生け方は、投げ入れが基本とされ、この投げ入れに適した口の狭いものやつる首型の花入れ花かごなどが多く使われる。

花入は、銅器、陶磁器、竹など、材質が何でできているかや、真、行、草の点前の格で分けられ、茶事の目的や趣向に合わせて用いられている。

唐銅(からかね)の花入れが「真」とされているが、花入は、そもそも仏具の「花立て」がルーツ。仏具が銅製(唐銅)であったため、その流れを汲んで、唐銅のもが真の格とされているのであろう。また、仏具にある唐物の青磁の花入なども真とされている。


備前や織部などの陶器製のものは、行や草の格であるが、その味わい深さから侘び寂びの茶の湯の風情には欠かせないものの一つである。
このような国焼のものは、花とともに亭主の感性を感じさせてくれる花入れでもある。

茶花は苦手という人が多い。ますは格にとらわれず、茶花を自由に生けるテーマにトライしてみること。投げ入れにこだわららず、花と向き合い、その花のいのちの輝きを大切に生けることからはじめてみよう。

関連コンテンツ「茶の湯の花 茶花一覧


So-U 四季の花入
4-5月
土の生命、その力強さを表現した花入「土倉」に、芍薬の花。
5月花入れ/佐藤宗雄作土倉 tsuchikura So-U作 2008年

3-4月
土器のような土肌が印象的な花入「古代」に、ふきのとう。
3月花入れ/佐藤宗雄作 古代 kodai So-U作 2013年

1月
粗野な姿に織部がうっすらと苔のように浮かび上がる「苔衣」に、椿。
1月花入れ/佐藤宗雄作苔衣 kokegoromo So-U作 2016年

6月花入れ/佐藤宗雄作 水音 mizuoto So-U作 2013年

10-11月花入れ/佐藤宗雄作懐 futokoro So-U作 2016年

9月花入れ/佐藤宗雄作清雨 shizuku So-U作 2013年


2017年9月 2018年5月追記
茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」
著;佐藤 宗雄

茶の湯二十四節気
茶は、こころを落ち着かせ、自分と向き合うため時間..、月の点前と「禅語」「茶花」「季語」を知る。
Amazonで購入


当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u
TOP▲