弥生 四季の茶 茶と季節、そのしつらえを通して茶の湯の基本とさまざまな日本文化との関わりを知り、そして薄茶の点前を習得し茶事を体験します。己月会オリジナルの初心者のためのプログラム「茶楽」。


三月/弥生の茶

弥生」は、草木弥生(いやおい)茂る月、草木が春を感じて芽吹き生い茂る時期という意味があります。花見月(はなみづき)とも呼ばれます。実際に気温が上がり春を待ちわびていた草木が芽吹き、花がほころびはじめる頃です。 春分の日の前後3日の7日間が彼岸。彼岸の中日には、ぼたもちなどを作ります。
この時期の点前は侘び茶の趣がを感じさせてくれる釣釜です。茶の湯の原点に思いを馳せてみるのも良し。

二十四節気(にじゅうしせっき)では、3月6日頃が「啓蟄(けいちつ)」。蟄は「冬の間に巣ごもりする虫」のことで、春になって暖かくなり虫たちが目覚めて活動をはじめるという意味があります。中国では「驚蟄 きょうつち」と書き、二十四節気の名称で日本と異なっているのはここだけです。

3月21日頃が「春分(しゅんぶん)」。春の彼岸の中日(ちゅうにち)にあたります。春分の日は、自然をたたえ,生物をいつくしむ日として定められた国民の祝日のひとつ。
暑さ寒さも彼岸まで、といわれるようにこの頃から次第に日照時間が長くなりめっきり春めいてきます。
桜や白木連などの花が一斉に咲きはじめる頃です。
芽


弥生の点前
三月には、炉の終わりに思いを馳せるように釣釜を用います。炉の原点でもある囲炉裏の素朴な雰囲気が茶の湯の趣を感じさせてくれます。 釣釜は天井に打たれた蛭釘(ひるくぎ)から釣り下げ使用しますので、釜の蓋の扱いや湯のくみ取りの際に釜が揺れ、それを上手に納めなければなりません。普段よりこころの余裕が求められます。

釣釜には、雲龍、車軸などの細長く小さめの釜を用います。炉は囲炉裏をコンパクトにしたものともいわれ、山居のわびた風情を茶の点前とした侘び茶を伝える代表的なしつらえともいえます。釣釜のこの時期には釣釜に合わせて、茶花や道具合わせにも侘びのしつらえを意識したいものです。
釣釜



茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」Kindle版

茶の湯二十四節気:弥生の点前「侘び茶の風情を楽しむ」
師走を代表する「禅語」「茶花」「季語」をまとめていますので、しつらえや稽古の折に参考にしてください。
茶楽のテーマは「能」と茶の湯

Amazonで購入



茶楽 其ノ十二
茶の湯の精神



三月の点前では、炉の火の量を抑えるように気遣う。炉を深し、少ない火で湯が沸くように小さな釜を釣って用いる 釣釜(つりがま)釣釜では五徳を使用しないのが約束で、その代りに五徳の蓋置を用いることが多い。

これはすべて、これから時間と空間を一緒にする客に対する礼を現しているのです。三月は暖かさを感じはじめる頃、火の熱さをどのように加減したら良いのか、無くなった五徳をどう扱ったら喜んでもらえるのかなどなど、相手のことを慮(おもんぱか)ること、それ自体が礼であると私は思います。

さらに、客もその思いを受ける受け方というのがあります。思いをどのようにを受けるか、それが礼です。
茶の湯では扇子で決壊を作り自分を下座において敬意を表します。相手本人への礼はもとより、それ以上に大切にしたいのが、相手が自分のためにしてくださったこと、例えば、茶席のしつらえに、茶花に、茶器に、そしてお茶に。相手から離れたそのものへの敬意と感謝の気持ちです。

茶の湯では、これらの礼が 稽古の場で積み上げられ身に付くようになっています。これを堅苦しいことといって敬遠する人も多いようですが、近頃ではこの礼に日本文化の何かがあると感じて訪ねてくる方の方が多くなっているように思います。
営業スマイルやマニュアルの礼が多い世の中、礼を知る機会が少なくなったようです。茶の湯を通して礼の意味を知ったこと、礼ができる自分になれたことは、茶の湯に感謝すべきことの一つとつです。


■三月の稽古
  
  春風吹又生 (しゅんぷうふいてまたしょうず)
  冬に枯れた草花でも春風が吹くとまた芽生えてくる。
  
  話:茶の湯の礼
  1.礼の意味
  2.礼の型
  3.茶の湯のコミュニケーション

2013.4 2017.9追記


茶楽プログラムTOP

卯月 | 皐月 | 水無月 | 文月 | 葉月 | 長月

神無月 | 霜月 | 師走 | 睦月 | 如月 | 弥生



茶の湯小習い指導 己月会主宰:佐藤 宗雄(裏千家 助教授)
※クラスの内容や訪問指導につきましては、お問い合わせ下さい。


茶楽プログラム
茶道を習いたい方へお申込み・お問い合わせ

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u


TOP▲