師走 四季の茶 茶と季節、そのしつらえを通して茶の湯の基本とさまざまな日本文化との関わりを知り、そして薄茶の点前を習得し茶事を体験します。己月会オリジナルの初心者のためのプログラム「茶楽」。


十二月/師走の茶

十二月は、師走(しわす)と呼ばれ、一説には僧侶が仏事で走り回る忙しさ=師馳す、からという説もあります。年末となると、忙しくなくとも何となく気が急かされます。長い夜に時を意識しゆっくりと過ごす、そんな余裕を持ちたいものです。
この頃、夕暮れを待って、夜咄(よばなし)の茶事が行われます。

二十四節気(にじゅうしせっき)では、12月7日頃が「大雪(たいせつ)」。大雪が降る頃という意味ですが、太平洋側で空っ風の晴天が続くことが多く、大雪になることはあまりありません。翌日の8日は「事八日」と呼び、農事を終えるということから「事納め」といわれます。逆に「事始め」とする地方もあります。
12月22日頃を「冬至(とうじ)」。北半球ではこの日に、一年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなるなります。本格的な冬の到来です。

奥山

花入れ「奥川」作 So-U Sato


師走の点前

夜が長くなってきたこの頃の茶事は、夜咄(よばなし)。夕食を共にし、一年を振り返りゆっくりと語り合う夜咄の茶事は夕暮れの5時頃から。
露地は灯籠(行灯)の灯りが浮き上がり、手燭(持ち歩きように柄をつけた燭台)を頼りに茶室に向かう...夜、寒、闇、マイナスとも思えるものを巧みに利用した茶の湯ならではの風情を感じさせてくれる茶事です。

温かいものは、温かいように…..。当たり前のことが持てなしの第一歩。しかし、このようなさりげないこころ配りは簡単なようでとても難しい。まずは、こころの持ち方を身につけることからはじめよう。
稽古においても作法だけに囚われるのではなく、客人への心遣いをこころの真ん中におくことが大切です。

茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」Kindle

茶の湯二十四節気:師走の点前「寒さも味わいに変えっる 夜咄」
師走の「禅語」「茶花」「季語」をしつらえや稽古にお役立てください。
茶楽のテーマは「能」と茶の湯….佐藤 宗雄(著) Amazonで購入


茶楽 其ノ九
茶の湯と型

能の影響と型

茶会などに招かれたとき、お茶を運んでくれる人の歩き方に特長があることに気づきます。畳から離れるようで離れない、摺り足という足の運びです。
この畳をこするように歩く足の運びは、一説には能の所作からきたと言われています。また、利休のころは、正座ではなく片膝を立てて茶を飲んだり、安座という楽な姿勢をとったりしていたそうです。この片膝立ての座り方は能のシテ方(能の主人公)やワキ方が控える姿勢です。

わび茶の創始者といわれる村田珠光(禅僧:珠光)は、連歌や立花などの芸能者たちとの交流があり、中に金春禅鳳(こんぱる ぜんぽう)という能楽師がいたことが知られています。この頃の武家社会で教養とされた能の要素を取り入れたとしても不思議なことではないと考えられます。また、茶の湯の全盛期、織田信長は、能に対して好意的だったこと、豊臣秀吉はさらに熱狂的な愛好家だったことは有名な話です。

薪能(たきぎのう)などで知られている日本を代表するこの古典芸能「能」は、日本古来の芸能、田楽(でんがく)と呼ばれる田植え踊りなどの影響を受け、室町時代、観阿弥(1333-1384)に始まり、その息子『風姿花伝(花伝書)』の著者、世阿弥が大成したと言われています。その大きな特長は、所作、謡、囃子、全てにさまざな型があることで、そしてその型の基本は摺り足であると言われています。

「型」の捉え方や解釈にはさまざまありますが、能のように動きのある芸能を習得し継承するためには、文章で伝えるよりカタチをまねする方が有効的であり、そのために発達した鍛錬法ではないかと考えられます。さらに「型」にはそれぞれに意味が込められていて、型を習得することでその意味をも体得できるようになっているのです。

日本の芸能を学ぶとき「やりかたをまねなさい」「いわれるとおりに」と言われます。まずは型を身につけることを要求されるのです。茶道も同じで点前にはさまざまな型があり、型を納めることで知らないうちにその型が伝える心を理解し、精神的も高まるようになっています。

日本文化は型の文化とも言われます。理論や概念を超えて、「型」だからこそ継承できるものがあるのであるのです。

2018.10加筆 佐藤宗雄

十二月の稽古  持てなし-2
 茶席の禅語 庭寒月色深 (にわさむくしてげっしょくふかし)
 真冬の空は寒くてたまらない、しかし、月のひかりはどの時期より美しい。
 話:持てなしについて2
 1.「持てなす」こととは
 2.一つひとつの点前の中で
 3.礼の意味を感じる

茶楽プログラムTOP

 卯月皐月水無月文月葉月長月

 神無月霜月師走睦月如月弥生


茶の湯小習い指導 己月会主宰:佐藤 宗雄(裏千家 助教授)
※クラスや訪問指導につきましては、お問い合わせ下さい。


茶楽プログラム
茶道を習いたい方へお申込み・お問い合わせ

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u


TOP▲