神無月 四季の茶 茶と季節、そのしつらえを通して茶の湯の基本とさまざまな日本文化との関わりを知り、そして薄茶の点前を習得し茶事を体験します。己月会オリジナルの初心者のためのプログラム「茶楽」。

十月/神無月の茶

十月の呼び名は神無月。かんなづきやかみなしづきとも呼ばれますが、明確な語源がある訳ではなく、神の月を表すとされており、この時期、出雲では、「神在月」として出雲大社などでは神在祭などの神事が行われています。

すすき
二十四節気(にじゅうしせっき)では、10月8日頃を「寒露(かんろ)」といいます。露が冷気によって凍りそうになるとの意味ですがこれは中国のこと。日本のこの頃は、夜も長くなり、ひんやりとした夜風が清々しい時期。虫の音に耳を傾け、月を愛でるなど季節の移ろいを五感で感じられるのもこの時期の魅力です。北の国からは紅葉の便りが届きはじめる頃です。10月23日頃は、「霜降(そうこう)」。露が霜となって降り始めるころの意味。お気づきだと思いますが、先月の白露からこ霜降まで、露の変化を表す名になっています。微かな空気中の水分の変容を感じ、暮らしに活かす先人の知恵には驚かされます。

茶の湯でも、季節の移ろいと共に細かな配慮があります。朝晩、冷気を感じるこの時期は中置(なかおき)といって、風炉を畳の中央に据え、火を客人に近づけ、水差しは客人から離れた勝手付きに運び出します。 客人に、水の冷たさを少しでも感じさせないようにと心を配るのです。


神無月の点前
茶の湯では十月を「名残」とよびます。茶壺の茶も残り少なくなり、一年の終わりを惜しむとされています。
名残とは一つの余韻です。目の前の見えることだけにとらわれるのではなく、終わりの後も静かな流れとなって次ぎへと続いていく、次ぎのは始まりの予兆を感じ取るということ。

一つひとつが区切られたものではなく、名残が次ぎの始まりへのこころの準備や余裕の大切さを教えているものと思われます。
稽古であっても、一つひとつの点前も余韻を感じさせるようにありたいものです。
織部



茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」Kindle版

茶の湯二十四節気:神無月の点前「余韻を楽しむ」五行棚
師走を代表する「禅語」「茶花」「季語」をまとめていますので、しつらえや稽古の折に参考にしてください。
茶楽のテーマは「能」と茶の湯

Amazonで購入



茶楽 其ノ七
茶の湯の侘び

エコロジーとしての茶の湯

現代社会ではエコロジーという言葉が一人歩きし、広い意味で使われていますが、生命体である地球や自然の一部としての存在を意識した、またはそれに基づいた経済、生活、文化的思想や活動をさす言葉です。
この視点から茶の湯を捉えてみると、 茶室を構成する茅葺き、土壁、障子や簾越しの自然の光。露地の考え方、四季と生命への尊敬を示す茶花。懐石にみられる質素な一汁三菜の持てなしなど、日本の気候風土、自然を巧み取り入れ、それを徹底して活かす行為。なによりも茶の湯の侘び、寂びに根ざした精神性こそがエコロジーそのものといえます。
現代社会の在り方として求められているエコロジカルやサスティナブル(持続可能)の方向性を示すもではないでしょうか。

中国から仏教伝来と共に伝わった茶は、日本固有の気候風土や自然神道、その当時の社会制度、体制の影響を受け、日本化(日本独自、固有)され茶の湯となりました。この日本化の鍵となったのが、四季が明確な気候風土と和歌の世界で培われてきた「侘び」、「寂び」という美意識です。
多くの日本人は、虫の音に耳を傾けそれぞれに思いを馳せますが、外国人の中には、ただうるさいものとしか感じない人々も多いようです。この感覚は自然の移ろいを肌で感じ、自然を敬い、人間は自然の一部とするエコロジー思想がそもそも根底にあるからだともといえます。

「侘び、寂び」を代表する心情として、
 見渡せば
 花も紅葉もなかりけり
 浦の苫屋の秋の夕暮れ
という句が紹介されますが、これも日本の湿気の多い気候風土で見るから、殺伐とではなく、しっとりとした何ともいえぬ情緒を感じさせるのではないでしょうか。

「侘び、寂び」には、さまざまな解釈がありますが、巡る季節の中で「いのち」が消えそして蘇生する自然のダイナミズムや儚さの一瞬一瞬に美的価値を見出し、自然の恵みに感謝し、その脅威に恐れを感じ人間を超えた力を崇拝する、この表と裏を合わせて美として高めたと推測できます。清貧であるという生活規範を持つ日本固有の美意識ともいえます。この侘び、寂びの美意識とその心を「型」として現代に伝えているのが茶の湯です。

日本の自然を守ることは日本文化を育んでいくことに等しい...。常に自然の営みを感じ、かけがえのない存在として意識することができる茶の湯は、現代社会におけるエコロジーの方向を示すものとして意義深いものと思えてなりません。


■十月の稽古
  仕舞い
  吾唯足知(われただたるをしる)
  訳なく欲しがらず、必要な分を必要なだけでよい。
  千利休は、茶道の心得として「家は漏らぬほど、食事は飢えぬほどにて足る事也」と
  言ったと伝えられている。

  話:茶の湯のわび、さびについて
  1.「仕舞う」こととは
  2.拝見の心得
  3.仕舞いの礼

茶楽プログラムTOP

卯月 | 皐月 | 水無月 | 文月 | 葉月 | 長月

神無月 | 霜月 | 師走 | 睦月 | 如月 | 弥生



茶の湯小習い指導 己月会主宰:佐藤 宗雄(裏千家 助教授)
※クラスの内容や訪問指導につきましては、お問い合わせ下さい。


茶楽プログラム
茶道を習いたい方へお申込み・お問い合わせ

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u


TOP▲