四季の茶 茶の湯と器(うつわ)茶器

 水指 | 茶碗 | 茶入


菓子器/佐藤宗雄作 月 tuki So-U作 2013年

菓子器(かしき)

菓子を引き立たせ、同時に菓子と器で一つの世界観をつくり、季節の持て成しを感じさせてくれる菓子器。菓子が乗って物語が完成する器が欲しいものである。

茶の湯では、濃い茶席と薄茶席で菓子器を使い分けている。濃い茶席では主菓子(練り切りなど)を持ちだすための菓子器として「縁高」や陶器の「菓子鉢」を使う。薄茶席では、干菓子(和三盆など)を持ちだす塗りや木地の菓子器が使われる。

縁高(ふちだか)
茶事、茶会の濃茶の席で用いる主菓子の器で、漆塗りの重箱。人数分の黒文字が添えられて出される。

菓子鉢(かしばち)
主菓子用の大きめの器で陶磁器の鉢を主に使う。

銘々皿
一人用の主菓子の器で、木地、漆、陶器などがある。

干菓子器(ひがしき)
薄茶席の干菓子用の器で、漆器や木地のものを用いる。


銘々皿月皿/佐藤宗雄作

月と雲がモチーフの銘々皿、黄瀬戸と織部の2種、4枚の組皿




 香物鉢( こうのものばち)

茶事の懐石の時に出される漬け物(香の物)用の鉢。懐石の終わりに出される器なので、季節がほんのりと伝わる器をつくってみた。

風音香物、菓子鉢/佐藤宗雄作風音 kazoo So-U作 2013年
風紋をイメージした皿鉢/香物、菓子器にも使える

葡萄香物鉢/佐藤宗雄作 葡萄 budou So-U作 2013年
葡萄の蔦を取っ手に使った鉢

組皿/佐藤宗雄作組皿 So-U作 2013年

2017年9月 2018年5月追記

茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」
著;佐藤 宗雄

茶の湯二十四節気
茶は、こころを落ち着かせ、自分と向き合うため時間..、月の点前と「禅語」「茶花」「季語」を知る。
Amazonで購入


当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u

TOP▲