四季の茶  茶の湯とわたしの器「花入れ」
 So-U(佐藤 宗雄)作品

 茶碗・水指・茶入れ香合・茶杓・香爐|建水・八寸・菓子器

顎 顎 gaku So-U作 2013年


花入(はないれ)

奥山奥山 okuyama So-U作 2009年 小布施 穴窯

花入は、銅器、陶磁器、竹など、何でできているかや、真、行、草の格で分けられ、それぞれの茶事の格や趣向に合わせて用いられる。
花入は、仏具の花立てが単独で床の間にでてきたもの、仏具が銅製(唐銅:からかね)であったため、その流れを汲んで、唐銅のもは真の格、並んで青磁の花入(唐物)なども真とされている。
陶器のものの多くは、行や草の格とされているが、侘び寂びの茶の湯の風情や亭主の想いを感じさせてくれるもののひとつである。


奥山土倉 tsuchikura So-U作 2008年

pikumin はなのこ hananoko So-U作 2013年

月船月船 tsukifune So-U作 2013年


2017年9月追記

茶の湯 学びのガイドブック
茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気 著 佐藤宗雄


茶の湯とわたしの器:菓子器 >>

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u
TOP▲