四季の茶  茶の湯とわたしの器「茶碗・水指・茶入れ」So-U(佐藤 宗雄)作品
 |茶碗・水指・茶入れ|香合・茶杓・香爐花 入|建水・八寸・菓子器

(C) Script by Miyake_kobo.
写真のタイトル no



茶の湯の中で、茶碗や香合、茶杓などの茶器は、亭主の思いを表すための重要な役割を持つ。茶事のテーマであったり、コミュニケーションのテーマであったりと。そこで、自分なりの思いや考えをカタチにしたいと考え茶器づくりをはじめた。また、知り合いのアーティストにイメージを伝え形にしてもらうなどしている。
ここでは、主な茶器、茶道具の茶の湯における意味合いを整理し、現代における茶器の在り方など探ってみようと思いまとめてみた。


水指(みずさし)

水指 水指2
水指は、茶の湯の点前で用いる水桶のこと。金物をはじめ磁器、陶器、塗(漆)、木地のものなどがあり、口の広いもの、細長いものなど形状もいろいろである。また、生活雑器の手桶や手頃な壷などを見立てて用いることもある。その中では利休好みの南蛮芋頭水指(なんばんいもがしらみずさし:桃山時代にインドシナから輸入された壷)は特に有名。流派によっては季節や点前で材質や形状などが決まっていることが多い。

茶の湯において、水を基本と考えるならば、この水を点前座に運び出す(または点前座に据えておく)水指は、茶席のテーマを表すことはもちろん、特に茶席全体の趣を決定する重要な茶道具である。
今の生活では、壷や桶に水や食料を溜めおいて使うことはなくなってしまったが、茶の道具の中には日本人の生活の知恵としての器を見ることができる。エコ的な暮らしの知恵を伝えてくれるのも茶の湯なのかもしれない。

水指(上) 己月 kogestu 2010年作
 雲間から 常ならざると 照らす月」
雲水 unsui 2012年作

茶碗

茶碗 茶碗2
茶の湯の茶碗は、利休が瓦職人の長次郎を指導(デレクション)して造り上げたといわれる楽茶碗(聚楽第の楽)に代表される。そもそも茶の湯の茶碗は唐物の天目や青磁の茶碗、高麗茶碗など渡来のものが主でであった。そこに利休が侘びをコンセプトに独創的なアイデアで黒い茶碗を創った。その後、赤楽に代表される創造性豊かな本阿弥光悦などによりその芸術性が高められていったものと思われる。

茶の湯では、一井戸、二楽、三唐津などといわれこれが愛好されているが、利休しかり、光悦にしかり独創性が時代を超えたフォルムを創り上げたのである。従来の価値概念にとらわれずに、もの本質を見ることを忘れてはならないというメッセージを私は強く感じる。

陶磁器では無く、「乾漆」で抹茶茶碗をつくられているアーティストを知っているが、茶碗は、茶を飲む器である。手に収まり飲み心地が良ければ、陶にこだわる必要もない。難しいことではあるが、茶を口に運ぶ器としての本質を見ることで茶碗の姿が見えてくるのだろうと思っている。

茶碗 庫裡の実 kurinomi 2008年作 白華 hakuka 2012年作
蒼山居 souzankyo 2013年作
茶碗2


茶入

茶入 茶入2
茶入が茶の点前を産み出したともいわれている。茶入一つが一国に匹敵というもののまであり、茶の中心と考えられる茶道具である。茶入として使われた器が伝来した頃は、共蓋であったと思われるが、茶道具としては共蓋のものは無い。

茶はそもそも薬や媚薬としての一面があり、その高価で貴重な茶を入れて出す器として特別視されたのではないだろうか。その表れのひとつのに蓋が象牙であったり蓋の裏に金箔を貼るなど、双方とも毒を避けるための施しと希少品としての体裁がなされていることが上げられる。
さらに、この小さな器の中にすべての美的要素を集約させている点からも美術品として価値が高かったのであろう。

今は、乱世の時代とは異なり毒の心配もない。私は共蓋のものがあっても良いと思い、名だたる茶陶や作家が創ったらどうなるのだろうなどと思いを馳せながら、共蓋の茶入を創ってみた。

耳付茶入 鶏冠 keikan 2010年作
茶入 浮き雲 ukigumo 2012年作

2017年9月追記


茶の湯とわたしの器:香合 茶杓 >>

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u
TOP▲