四季の茶

 茶の湯と器(うつわ)茶器

(C) Script by Miyake_kobo.
写真のタイトル no


茶の湯で用いる、茶碗や茶入れ、香合、茶杓などの茶器は、季節感だけではなく亭主の思いを表すための重要な役割がある。招いた客人とのつながりであったり、感性のコミュニケーションであったりもする。

そこで、自分なりの茶の湯への思いや考えをカタチにしたいと考え茶器づくりをはじめた。さらには知人の現代美術のアーティストに思いやイメージを伝え形にしてもらうなどしている。
ここでは、主な茶器、茶道具の茶の湯における意味合いを整理し、現代における茶器の在り方など探っている。


 水指 | 茶碗 | 茶入


水指(みずさし)

水指/佐藤宗雄作 水指2/佐藤宗雄作

水指は、茶の湯の点前で用いる水桶のこと。金物をはじめ磁器、陶器、塗(漆)、木地のものなどがあり、口の広いもの、細長いものなど形状もいろいろである。
また、生活雑器の手桶や手頃な壷などを水指に見立てて用いることもある。その中でも利休好みの南蛮芋頭水指(なんばんいもがしらみずさし:桃山時代にインドシナから輸入された壷)は特に有名。
流派によっては季節や点前で材質や形状などが決まっている。

茶の湯において、水が基本と考えるならば、この水を点前座に運び出す(または点前座に据えておく)水指は、点前に込められた思いを表すことはもちろん、茶席全体の趣を決定する重要な茶道具であるといえる。

今日の生活では、壷や桶に水を溜めおいて使うことはなくなったが、限られた水を大切に扱うという日本人の暮らしの智慧としての器を水指に見ることができる。エコ的な暮らしを今に伝えてくれるのも茶の湯なのである。

(上)己月 kogestu 2010年作
雲間から 常ならざると 照らす月  宗雄
(下)雲水 unsui 2012年作
佐藤宗雄 2018年5月 加筆
茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」
著;佐藤 宗雄

茶の湯二十四節気
茶は、こころを落ち着かせ、自分と向き合うため時間..、月の点前と「禅語」「茶花」「季語」を知る。
Amazonで購入

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u
TOP▲